ここから本文です

<西島秀俊>竹内結子と名古屋で菓子まき! 結婚式の風習に「菊田として投げたい」

まんたんウェブ 6月7日(火)20時48分配信

 俳優の西島秀俊さんと女優の竹内結子さんが7日、名古屋市内の映画館で行われた映画「クリーピー 偽りの隣人」(黒沢清監督、18日公開)の舞台あいさつに登場。ヒット作「ストロベリーナイト」で共演した2人が今回、夫婦役を演じていることから、名古屋の結婚式の風習「菓子まき」が行われ、西島さんは「菊田として投げたい」とジョークを飛ばし、客席を駆け回って袋入りの菓子を集まったファンに投げ入れた。

【写真特集】ソフトボール経験者・竹内結子の華麗なフォーム!

 「菓子まき」は、結婚式などの祝い事の際に、新郎新婦らがベランダの上などから近所に住む人々へ菓子をまいて振る舞う風習。この日は「クリーピー」のヒット祈願と、「ストロベリーナイト」で、竹内さん演じる姫川に、西島さん演じる菊田が恋心を寄せていたものの実らず、今回の「クリーピー」で、まったく別の作品、キャラクターであるものの、2人が夫婦を演じた“お祝い”として行われた。

 司会者から「菓子まき」の趣旨を告げられた西島さんは「僕ですか?」と驚いた様子を見せたが、竹内さんに「おめでとう!」と言われると「ありがとう!」と満面の笑み。この日は、黒沢監督も登場し、3人が客席に菓子を投げ入れると、観客は大興奮で歓声を上げた。30個用意された菓子を投げ終わった西島さんは「疲れますね」と苦笑いしつつ、「こんなに盛り上がるなら、(共演者の)香川(照之)さんも連れてくればよかった」と悔しがっていた。

 「クリーピー」は、第15回日本ミステリー文学大賞で新人賞を受賞した前川裕さんの小説が原作。元刑事で犯罪心理学者の高倉(西島さん)が、元同僚から依頼された一家失踪事件の分析に挑みつつ、自身も“奇妙な隣人”によって別の謎に巻き込まれていく……というストーリー。竹内さんは高倉の妻を演じており、香川さん、東出昌大さん、川口春奈さんらが出演している。

最終更新:6月7日(火)21時7分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。