ここから本文です

<とと姉ちゃん>杉咲花、三女・美子役で登場 唐沢寿明に“衝撃” 撮影秘話明かす

まんたんウェブ 6月8日(水)10時0分配信

 女優の高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」で3日の放送から、小橋家の三女・美子を演じる杉咲花さんが登場している。これまで美子は、子役の川上凛子ちゃんと根岸姫奈ちゃんが演じ、「可愛い」などと話題になっていたこともあり、杉咲さんの演技が注目を集めている。杉咲さんは初の朝ドラ出演について「すごく刺激的」と語る杉咲さんに撮影について聞いた。

【写真特集】可愛い三女・杉咲花 高畑充希に似ていると話題に…

 ◇途中参加でも家族に見えるように

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子(しずこ)の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子(高畑さん)が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。杉咲さんが演じる美子は、小橋家の末っ子で、長女・常子と次女・鞠子(相楽樹さん)がけんかばかりしている中で、要領よくたちふるまう器用な性格だ。

 杉咲さんは1997年10月2日生まれの18歳。「夜行観覧車」(TBS系)や「MOZU」(TBS系、WOWOW) などのドラマに出演してきたが、「とと姉ちゃん」は杉咲さんにとって初の朝ドラとなった。しかし「たくさんの作品に携わりたいので、特に朝ドラだから……ということはありません。ただ、朝ドラは、たくさんの方が楽しみにしているので、私も楽しみにしていました」と特別に意識はしていないという。

 クランクイン前は不安もあったといい「途中から撮影に入るので、家族に見えるのか?と不安でした」と明かす。姉を演じる高畑さん、相楽さんとは、撮影前に連絡先を交換していたといい、「撮影前から連絡したり、ご飯を食べに行っていました。とと姉(高畑さん)も『現場に遊びに来て!』と言ってくださっていたので、遊びに行っていました」と“姉妹”の交流を深めていたようだ。

 高畑さん、相楽さんとは「二人には『敬語はやめていいですか?』と言いました。何かが変わると思ったので」と姉妹のような関係性を目指しているという。杉咲さん自身は一人っ子だといい「私は一人っ子が好き」というが「とと姉、鞠姉みたいな家族がいたら楽しいと思う」とも話す。

1/2ページ

最終更新:6月8日(水)10時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。