ここから本文です

仁川空港貨物機事故、事故収拾に3日…離着陸は正常化=韓国

WoW!Korea 6月7日(火)14時5分配信

米国UPSの貨物機事故で、韓国・仁川国際空港滑走路の正常化には3日ほどの日数を要する予定だ。

 韓国の国土交通部ソウル地方航空庁事故収拾本部は6日夜10時45分ごろ、UPS貨物機が仁川空港を離陸中、滑走路を離脱した事故について、このような内容を含めた収拾対策を7日、発表した。

 本部の関係者は「事故機の残留燃料の除去や約100トンの搭載貨物処理、貨物機移動経路確保などに3日ほどかかる」と述べた。

 ただし、貨物機けん引や復旧期間中、第2、3滑走路を活用し航空機は正常に離着陸できると説明した。

 また、今回の事故で航空灯火14個と計器着陸施設であるローカライザーアンテナ6個が破損したが、航空灯火は1日以内に一時復旧し10日以内に完全復旧する計画だと伝えた。

 破損したローカライザーアンテナは、約3か月以内に復旧する方針だ。

 本部の関係者は「今回の事故と関連し、事故収拾本部はマニュアルにより迅速に事故を収拾し、航空機の安全運航に影響しないよう十分に対応していく計画」と述べた。

最終更新:6月7日(火)14時5分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。