ここから本文です

「夢酔月プレミアム」販売 県酒類卸「夢の香」使用

福島民報 6月7日(火)13時7分配信

 福島県酒類卸は6日、オリジナル日本酒「夢酔月(ゆめすいげつ)プレミアム」の販売を開始した。
 原料に酒造好適米「夢の香(かおり)」を使用し、喜多方市の大和川酒造店に醸造を依頼した。1月に瓶詰めした後、3月上旬まで雪の中で寝かせ、その後は冷蔵庫で熟成させた。販売は3年目。
 銘柄は2種類で「大吟醸氷温貯蔵」の1.8リットル瓶が4202円、720ミリリットル瓶が2101円。「純米吟醸氷温貯蔵」は1.8リットル瓶が3317円、720ミリリットル瓶が1656円(いずれも税込み)。

福島民報社

最終更新:6月7日(火)15時57分

福島民報