ここから本文です

韓国SKテレコム名誉会長のセクハラ事件捜査に着手=韓国検察

WoW!Korea 6月7日(火)17時0分配信

韓国検察が20代女性をセクハラした疑いで告訴されたSKエレコムのソン・ギルスン名誉会長(75)の事件に対する捜査に着手した。

 ソウル中央地検はソウル地方警察庁が去る3日、ソン名誉会長を在宅起訴で送致した事件を女性児童犯罪調査部に割り当てたと7日、明らかにした。

 ソン名誉会長を再度召喚し調査を行うかどうかはまだ決まっていない。検察はCCTV資料が確保されただけに立証には無理がないと見ているが、ソン名誉課長が容疑を否認しているため慎重に接近している。

 ソン名誉会長はことし5月3日、知人が運営するソウル・江南区(カンナムグ)のあるギャラリーカフェで従業員の20代女性A氏の足を触り、自身の肩を揉ませるなどセクハラの疑いを受けている。

 警察によるとソン名誉会長は調査を受けた当時「セクハラの意図ではなかった」とし容疑を否認した。また一部のセクハラ行為についてはそのような行為自体がなかったと主張した。しかし警察は被害者の陳述とカフェ内部の監視カメラ(CCTV)映像分析を総合した結果、ソン名誉会長の容疑が認められると判断した。

 ただし警察はセクハラをほう助したという容疑を受けているギャラリーの館長チョ某氏(71)については「ソン名誉会長の行為を予想していた可能性が低い」とし、不起訴で送致した。

最終更新:6月7日(火)17時0分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。