ここから本文です

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』最新大型パッチ“最期の咆哮”が公開 “竜詩戦争”はクライマックスへ!

ファミ通.com 6月7日(火)19時40分配信

●新レイドダンジョン“禁忌都市マハ”などが登場
 スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、パッチ3.3“最期の咆哮”を公開した。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐)は、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」の大型アップデート、Patch3.3「最期の咆哮(Revenge of the Horde)」を本日公開しました。

■「竜詩戦争」がクライマックスを迎えるメインストーリーのほか、多彩なコンテンツに加え、さらに遊びやすくなるマッチング機能など充実した最新大型パッチ、「Patch 3.3“最期の咆哮”」本日公開!!
 Patch 3.3 では、千年の長きに渡る「竜詩戦争」がクライマックスを迎え、他方、蛮神の力を手にせんとガレマール帝国軍の将、レグラ・ヴァン・ヒュドルスの計略が動き始めます。

 新たなコンテンツとして、レイドダンジョン「禁忌都市マハ」、インスタンスダンジョン「黒渦伝説 ハルブレーカー・アイル(Hard)」、「天竜宮殿 ソール・カイ」、「蛮族クエスト『モーグリ族』」が追加。さらに、手持ちアイテムの中から自動的におすすめの最強装備を選んでくれる便利な機能「さいきょう」ボタンが追加し、初心者でもより気軽に冒険が楽しめるようになりました。高難易度レイドダンジョン専用のマッチングシステム「レイドファインダー」が実装され、サーバーを超えて同じ目的のプレイヤーとパーティを組み高難易度レイドダンジョンに挑めるようになりました。

 また、宝の地図G8 で宝箱を探し、一攫千金も狙うことができる「宝物庫 アクアポリス」や、おなじみの事件屋ヒルディブランドが活躍する「サブストーリークエスト:ヒルディブランド外伝 蒼天編」。武器・防具など新デザインのアイテムが多数追加されました。

※Patch 3.3“最期の咆哮”特設サイト

■Patch 3.3 “最期の咆哮”において追加された内容
・メインストーリー “最期の咆哮”
・クロニクルクエスト:古の神々
・禁忌都市マハ
・ニーズヘッグ征竜戦
・黒渦伝説 ハルブレーカー・アイル(Hard)
・天竜宮殿 ソール・カイ
・フィールド・オブ・グローリー(砕氷戦)
・蛮族クエスト「モーグリ族」
・宝物庫 アクアポリス
・ディープダンジョン 死者の宮殿
・アニマウェポン
・サブストーリークエスト:ヒルディブランド外伝 蒼天編
・さいきょう装備
・レイドファインダー
・新たなクラフトレシピ
・新たなエモート
・新たな髪型
・新たなミニオン
・新たなマウント
・ハウジング:花(植木鉢・花瓶)
※「ディープダンジョン 死者の宮殿」は、Patch 3.35 での公開を予定しています。

◆Patch 3.3 “最期の咆哮”追加されたコンテンツのゲーム画面

◆Patch 3.3 “最期の咆哮”追加された機能などのゲーム画面

最終更新:6月7日(火)19時40分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。