ここから本文です

イ・グノ、サッカー愛の分かち合い財団に約650万円とサッカー用品を寄付

WoW!Korea 6月7日(火)17時31分配信

済州(チェジュ)ユナイテッド所属のイ・グノ(31)が再び大金を寄付した。イ・グノはこつこつと寄付活動を広げている。

イ・グノの紹介と写真

 大韓サッカー協会が設立した大韓民国サッカー愛の分かち合い財団は7日午後、ソウル市内のサッカー会館で「イ・グノ選手フットボールラブ基金」伝達式をおこなった。

 イ・グノはこの日、現金5000万ウォン(約470万円)とミズノから支援を受けた2000万ウォン(約190万円)相当のサッカー用品をサッカー愛の分かち合い財団に寄付した。サッカー愛の分かち合い財団はイ・グノから受け取った寄付金のうち1000万ウォンをこれまで支援を続けてきた元韓国代表シン・ヨンロクのリハビリ支援金として伝達し、残りの4000万ウォンとサッカー用品は財団事業に使用する予定だ。

 またこの日、イ・グノは自身が広報大使を務めているプルメ財団にも子供病院建設基金の名目で2000万ウォンを寄託した。イ・グノは「今後も多様な形態で分かち合いを実践する計画だ」とし「近いうちに自費でユースサッカー大会も開催する考えだ」と述べた。

最終更新:6月7日(火)17時31分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。