ここから本文です

ツマアカスズメバチ捕獲できず 日南、調査は継続

宮崎日日新聞 6月7日(火)11時42分配信

 環境省九州地方環境事務所(熊本市)は6日、日南市の油津港周辺で行った特定外来生物「ツマアカスズメバチ」の生息状況に関する緊急調査の結果を発表した。捕獲用のわなに、ツマアカスズメバチは掛からなかった。生息の可能性は否定できないため7月以降も調査を続ける。

宮崎日日新聞

最終更新:6月7日(火)11時42分

宮崎日日新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。