ここから本文です

東急不動産が大阪心斎橋に新商業施設 2017年冬開業

Fashionsnap.com 6月7日(火)12時20分配信

 東急不動産が、大阪の心斎橋筋商店街に新商業施設を建設することを明らかにした。開業は2017年冬を計画している。

 周辺の大阪ミナミは、「大丸心斎橋店」や「心斎橋OPA」といった百貨店や商業施設が立ち並ぶショッピングエリアとして栄えている。東急不動産が開発を進めるのは心斎橋筋2丁目、今年3月に閉店したヤマハ心斎橋店の跡地で、敷地面積は約440平方メートル。施設の規模や業態については「詳細は未定」(同社・広報担当者)としている。

 大阪エリアにおいて東急不動産は、昨年春に日本生命球場跡地にランニングトラック付き商業施設「もりのみやキューズモールBASE」を開業。今年3月には「あべのキューズモール」の大規模リニューアルを実施している。

最終更新:6月7日(火)12時20分

Fashionsnap.com