ここから本文です

西岡良仁は18歳のコズロフに2連敗 [スヘルトーヘンボス/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)7時30分配信

「リコー・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス/6月6~12日/賞金総額56万6525ユーロ/グラスコート)のシングルス1回戦で、西岡良仁(ヨネックス)はワイルドカード(主催者推薦枠)のステファン・コズロフ(アメリカ)に1-6 6-2 3-6で敗れた。試合時間は2時間。

西岡良仁はステパネクに敗れて予選突破ならず [全仏オープン]

 西岡はコズロフに4月にグアドループ(ATPチャレンジャー/10万ドル/ハードコート)の準決勝で6-3 5-7 3-6で敗れており、2連敗となった。

 18歳のコズロフは、これがATPツアーでの初勝利。2回戦では第4シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。上位4シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

 そのほかの日本勢では伊藤竜馬(北日本物産)がシングルスに出場しており、1回戦の対戦相手はイバン・ドディグ(クロアチア)となっている。

 リコー・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位】
ダビド・フェレール(スペイン)[1]
バーナード・トミック(オーストラリア)[2]
イボ・カルロビッチ(クロアチア)[3]
スティーブ・ジョンソン(アメリカ)[4]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:KEY BISCAYNE, FL - MARCH 27: Yoshihito Nishioka of Japan in action against Dominic Thiem of Austria in their third round match during the Miami Open Presented by Itau at Crandon Park Tennis Center on March 27, 2016 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月7日(火)7時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]