ここから本文です

まちの盛り上げへ「出陣」 ご当地アイドル初イベント

両丹日日新聞 6月7日(火)12時1分配信

 今春発足した福知山のご当地アイドルグループ「Happy3days」が活動をスタートさせた。4日には公の場での初イベントとなる出陣式に臨んだ。福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやまで、6人のメンバーが自己紹介をし、今後の活動への決意などを発表、集まったファンたちを喜ばせた。

 出陣式は、福知山ご当地アイドルプロジェクト「ハピノマ」の主催。会場には約150人が訪れ、立ち見が出るほどだった。

 初めに、ハピノマの土倉健吾代表(24)があいさつに立ち「『福知山から全国へ』をテーマに活動していきたい。今回は福知山の方に知ってもらいたいという思いでイベントを企画しました。今後も温かい目で見守ってもらえたらうれしいです」と話した。

 続いて、メンバーたちが登場すると、会場は大きな拍手に包まれた。個性を生かした「口上」を披露し、それぞれの好きなものや得意なことなどを伝えた。決意表明では、「大好きな福知山をもっと盛り上げていけるよう頑張ります」「たくさんの人に元気を届けたい」などと思いを語った。

 このあと撮影会があり、訪れた人がメンバーたちの元気いっぱいの姿を写真や動画に収めていた。

 出陣式が終わると駅北口公園へ場所を移し、ファンの名前を手書きした初ライブの招待状を渡した。招待状は列をつくった100人以上に配った。

初ライブは26日に

 「Happy3days」の初ライブは26日午後6時30分から、市民交流プラザふくちやま3階市民交流スペースで開かれる。「ドッコイセしちゃったday」と題して、毎月1回の定期公演のスタートを切る。入場無料。

 ライブでは初のオリジナル楽曲を披露する。終演後は、メンバー全員との握手会や物販のイベントもある。希望者は直接会場へ。

両丹日日新聞社

最終更新:6月7日(火)12時1分

両丹日日新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。