ここから本文です

佐賀・武雄競輪場の愛称「オッズパーク」に 10月から

佐賀新聞 6月7日(火)11時9分配信

 武雄市が募集していた武雄競輪場のネーミングライツ(命名権)スポンサーと愛称が、公営ギャンブルのインターネット投票サイト運営会社「オッズ・パーク」(本社東京、藤井宏明社長)と「オッズパーク武雄」に決まった。10月から5年間使う。

 10月のリニューアルに合わせ、年間契約金200万円以上か契約金に相当する物品やシステムの提供を条件に5年以上の契約で募集し、応募した2社の提案を選考委員会で審査した。

 オッズ・パークは、契約金ではなくスタンド内のWi-Fi(ワイファイ)環境構築や電子広告掲示板整備の施設整備と、ソフトバンクホークスとの連携プロモーション、観光ツアーやイベント開催などを提案した。市は5年間で2300万円相当と試算し、決定した。

最終更新:6月7日(火)11時9分

佐賀新聞