ここから本文です

穂積絵莉/加藤未唯は初戦敗退 [スヘルトーヘンボス/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)9時0分配信

「リコー・オープン」(WTAインターナショナル/オランダ・スヘルトーヘンボス/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のダブルス1回戦で、第3シードの穂積絵莉(エモテント)/加藤未唯(佐川印刷)はマリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)/エイジア・ムハメッド(アメリカ)に3-6 0-6で敗れた。試合時間は49分。

 穂積は予選から出場したシングルスで本戦入りを果たしており、ワイルドカード(主催者推薦枠)のリシェル・ホーヘンカンプ(オランダ)と1回戦で対戦予定となっている。

 マルチネス サンチェス/ムハメッドは準々決勝で、エリーゼ・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)とアレクサンドラ・パノワ(ロシア)/アムラ・サディコビッチ(スイス)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月7日(火)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。