ここから本文です

BuzzFeed、共和党陣営の広告掲載を拒否 トランプ氏は「自由を妨げる恐れ」

BuzzFeed Japan 6/7(火) 11:41配信

BuzzFeedの最高経営責任者(CEO)ジョナ・ペレッティは6日、共和党全国委員会(RNC)との広告契約を終了すると、全社員にメールで通知した。
【BuzzFeed Japan】

ペレッティはメールで、ドナルド・トランプの発言や政策を引用し、今回の決定の理由を説明した。Politicoによると、130万ドル(約1.3億円)相当の広告契約だったという。

「BuzzFeedは本日、トランプ氏の大統領選の広告を受け入れないこと、そして陣営との契約を終了することを、RNCに通知しました」 「トランプ氏が選挙戦で掲げている政策は、米国と世界中にいるBuzzFeedの従業員が自由に仕事をする、妨げになる恐れがあります。例えば、イスラム教徒の海外渡航制限は、BuzzFeedの従業員の職務遂行を妨げます」

「私たちは、資金を得る機会を拒否したいわけではありません。しかし、例外はあります。例えば、BuzzFeedではタバコの広告を掲載していません。健康に有害なものを宣伝したいと考えていないから。全く同じ理由で、トランプ氏の広告を受け入れるつもりはありません」

BuzzFeedはRNCの広報担当者にコメントを求めたが、回答は得られなかった。しかし、RNCのシニアストラテジスト、ショーン・スパイサー氏はRNCはそもそもBuzzFeedをキャンペーンの広告媒体として想定していない、とCNNに語っている。

スパイサー氏は「多くのプラットフォームで、広告枠を確保をしましたが、BuzzFeedへの掲載は考えていませんでした」と述べた上で、「FBIの調査を受けている候補の広告掲載を拒否していないのは皮肉ですね」と付け加えた。

BuzzFeed編集長のベン・スミスは、ペレッティのメールに追記するかたちで全社員にメールを送信した。スミスは、今回の決定は編集サイドから発信されたものではない旨を繰り返して述べた上で、トランプ氏のキャンペーンに関する報道は、これまでと変わりない、と強調した。 「これはジョナの提案で、発行人の特権だ」と記している。

ペレッティの社員へのメール全文は、次のとおり。

----------
ハロー、BuzzFeederのみんな。

今日は、ドナルド・トランプ氏の米大統領選のキャンペーンをめぐって、私たちがビジネス上の決断をしたこと、そしてなぜ、そのような決断に至ったのかをみなさんと共有したいと思い、メールをしました。

今年4月、BuzzFeedは共和党全国委員会(RNC)と、秋の大統領選挙の期間中に多くの広告を掲載する契約を結びました。ご存知のように、私たちは、共和党と民主党双方の候補者から広告を受け入れています。RNCから広告を受け入れることを、歓迎していました。

この広告契約にBuzzFeedがサインした後に、ドナルド・トランプ氏が共和党の候補者として、指名確実になりました。トランプ氏の選挙戦の論調と内容は、現代アメリカの政治史の中で際立っています。トランプ氏はイスラム教徒に対し、米国渡航を禁じています。また、報道の自由を制限すると脅し、女性、移民、移民の子孫、外国人に向けて、侮辱的な発言をしています。

BuzzFeedは本日、トランプ氏の大統領選の広告を受け入れないこと、そして陣営との契約を終了することを、RNCに通知しました。トランプ氏が選挙戦で掲げている政策は、米国と世界中にいるBuzzFeedの従業員が自由に仕事をする妨げになる恐れがあります。例えば、イスラム教徒の海外渡航制限は、BuzzFeedの従業員の職務遂行を妨げます。

私たちは、広告主のスタンスや価値観に同調する必要はないし、そんなことが期待されているわけでもない。ご存知のとおり、ビジネス側と編集側の間には壁があります。今回の、広告契約を取りやめるというビジネス側の決定は、トランプ氏の選挙報道に、なんら影響を与えません。

私たちは、資金を得る機会を拒否したいわけではありません。しかし、例外はあります。例えば、BuzzFeedではタバコの広告を掲載していません。健康に有害なものを宣伝したいと考えていないから。全く同じ理由で、トランプ氏の広告を受け入れるつもりはありません。

ありがとう。

ジョナ

最終更新:6/7(火) 11:41

BuzzFeed Japan