ここから本文です

[最新ATPランキング/男子テニス] 6月6日付

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)10時0分配信

■ATPシングルスランキング(06月06日現在)

順位(前週) 名前(国籍) ポイント(前週ポイント)

ジョコビッチがついに全仏で初優勝「僕のキャリアでもっとも素晴らしい瞬間」

1.(1) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 16,950(16,150)
2.(2) アンディ・マレー(イギリス) 8,915(8,435)
3.(3) ロジャー・フェデラー(スイス) 6,655(7,015)
4.(5) ラファエル・ナダル(スペイン) 5,405(5,675)
5.(4) スタン・ワウリンカ(スイス) 5,035(6,315)
6.(6) 錦織圭(日本/日清食品) 4,290(4,470)
7.(15) ドミニク・ティーム(オーストリア) 3,105(2,430)
8.(8) トマーシュ・ベルディヒ(チェコ) 3,030(2,850)
9.(9) ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 2,965(2,785)
10.(12) リシャール・ガスケ(フランス) 2,905(2,725)

11.(13) ダビド・ゴファン(ベルギー) 2,840(2,570)
12.(7) ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス) 2,725(3,355)
13.(10) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,605(2,775)
14.(11) ダビド・フェレール(スペイン) 2,560(2,740)

32.(55) アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン) 1,190(853)

38.(41) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 1,130(1,060)

46.(56) マルセル・グラノイェルス(スペイン) 972(844)

59.(80) エルネスツ・グルビス(ラトビア) 836(701)

61.(83) ミカエル・ククシュキン(カザフスタン) 812(699)

71.(59) ルーカシュ・ロソル(チェコ) 740(815)

85.(68) レオナルド・メイヤー(アルゼンチン) 675(755)
86.(116) ダスティン・ブラウン(ドイツ) 670(520)
87.(73) ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 667(747)

89.(101) ヤン レナード・ストルフ(ドイツ) 650(578)

96.(79) ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア) 616(706)

98.(108) カレン・カチャノフ(ロシア) 589(552)

105.(107) 伊藤竜馬(日本/北日本物産) 552(552)
106.(110) 杉田祐一(日本/三菱電機) 551(551)
108.(93) ダニエル太郎(日本/エイブル) 544(614)

110.(133) アンドレイ・マルティン(スロバキア) 537(438)

116.(96) ベンジャミン・ベッカー(ドイツ) 520(600)
117.(113) 西岡良仁(日本/ヨネックス) 513(532)
155.(150) 添田豪(日本/GODAIテニスカレッジ) 357(363)

344.(362) 関口周一(日本/Team REC) 132(126)

386.(530) サンティラン晶(日本) 117(63)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 05: Champion Novak Djokovic of Serbia kisses the trophy following his victory during the Men's Singles final match against Andy Murray of Great Britain on day fifteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 5, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:6月7日(火)10時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]