ここから本文です

矢口真里、モー娘。時代に円形脱毛症で苦しんだ「中澤さんと夏先生がいると体が拒否反応」

トレンドニュース(GYAO) 6月7日(火)16時24分配信

タレントの矢口真里が、モーニング娘。時代に初代リーダーである中澤裕子と振付師の夏まゆみ氏に叱られすぎて、ストレスで円形脱毛症になったことを告白した。

矢口真里「おなか出せる状態ではない」>>

矢口は6月6日深夜放送のテレビ東京系「これ、もう時効だよね?~今だから聞いちゃいますけど…~」に出演。「中澤さんと夏先生がいるだけで体が拒否反応を起こし、円形脱毛症がボコボコボコっとみっつ出来上がった」とモー娘。時代のストレスを明かした。「夏先生がスタジオに入って来るだけで空気が変わる」「中澤さんは終始機嫌が悪くて呼び出されてむちゃくちゃ怒られた。すごい怖かった。スパルタだった」「『おはようございます』って絶対言ったと思うんですけど、(中澤に)『さっきあいさつせえへんかったよな』って怒られた」と恐怖の日々を振り返った。

その後矢口は、「円形脱毛症になるほど、なんで私を怒ったんですか?」とふたりに直接質問をぶつけた。中澤は「メンバー増員が考えられなかった。オリジナルメンバーだけじゃダメなんだ。新しい子が入ってくるってどういう意味? だったらここで解散してくれたほうがいい」とそもそもモー娘。に追加メンバーを入れることに抵抗があったことを告白し、「それで1回壁作った」と矢口に厳しく当たった理由を明かした。また夏氏は、テレビの収録で気合が入り過ぎたのと、矢口に成長してほしい親心からだったと語った。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月7日(火)16時24分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。