ここから本文です

【MLB】田中将大、7回2失点&4戦連続QSの好投も4勝目ならず 同点で降板

Full-Count 6月7日(火)10時23分配信

4戦連続QSの安定感、7回に味方2連発で同点

 今季4勝目を目指すヤンキース田中将大投手が6日(日本時間7日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発し、7回を6安打3奪三振2四球2失点(自責2)だった。同点の8回からマウンドを譲り、勝敗はつかなかった。防御率は2.76。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回は先頭エスコバルに初球スライダーを強振され、レフト前安打を許した。2死二塁から4番プホルスに内角スプリットを、センター前の浅い位置に落ちる適時打とされ、1点を失った。

 2回は3者凡退に抑えたものの、3回は再び先頭打者にセンターの頭上を越える二塁打を許し、犠牲バントと犠牲フライで追加点。2死から3番トラウトに四球、さらに二盗を許し、続くプホルスも四球で2死一、二塁とピンチを広げたが、5番クロンを3球で見逃し三振とし、難を逃れた。

 4回と5回は連続で3者凡退。6回は1死から2連打で1死一、二塁としたが、後続を打ち取って得点させなかった。7回は1死から9番ペティートにライト前ヒットを許したところでベンチが動き、ブルペンで救援陣がアップを始めたが、続くエスコバルを二塁ゴロの併殺に打ち取り、無失点で回を締めくくった。

 田中は4試合連続でクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)という安定した登板を続けているが、前回のブルージェイズ戦に続き、今回もエンゼルス先発シューメイカーの前にヤンキース打線が沈黙。我慢の投球が続いたが、7回攻撃で5番マキャンと6番カストロの2連発で一気に同点に追いついた。

 8回から2番手ミラーに交代。田中は91球を投げて62ストライクだった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月7日(火)10時55分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]