ここから本文です

小嶋陽菜、“にゃんにゃん仮面”11位好発進もファン困惑……一体どうオチつける?

トレンドニュース(GYAO) 6月7日(火)17時5分配信

“にゃんにゃん仮面”として「第8回 AKB48選抜総選挙」に出馬しているAKB48・小嶋陽菜だが、どのようなスタンスで応援すればいいものか、困惑しているファンが多いようだ。謎のメンバー出現という総選挙初のネタは、一体どのようなオチがつくのか……?

こじはる寝起き姿の破壊力がハンパない>>

今年の総選挙には、“にゃんにゃん仮面”なる謎のメンバーが立候補している。立候補届の時点で、グループの公式ブログでは「受理するかどうか審議中」と発表され、「にゃんにゃん仮面、出馬成立か否か」がひとつのイベントのようになっていた。その後、正式に立候補が認められて、出馬メンバーの選挙ポスターなどが制作されたのだが、初めて姿を現したにゃんにゃん仮面は、どう見ても戦隊風のコスチュームに身を包んだだけの小嶋。にゃんにゃん仮面は、2222年2月22日生まれの未来からやってきたメンバーとのことだが、小嶋自身は「自分=にゃんにゃん仮面」と明言していないものの、本気で隠す気がないのは明らかだ。

“謎の(?)メンバー出馬”と第8回目にして総選挙初の企画が行われているわけだが、正直にゃんにゃん仮面に対して、ファンの反応はなかなか冷ややかだ。ネット上では、

「何がしたいのかわかりまへん」
「『総選挙はお祭り』って言ってはいるけど立候補してるメンバーは皆真剣なんだし人生かけてるわけで・・・」
「小嶋陽菜で出たほうが数倍盛り上がってたと思う」

など困惑する声が上がっている。完全にネタとして扱うべきか、小嶋として応援すべきか、扱いに悩むファンが多かったようだが、それでもにゃんにゃん仮面がラスト総選挙を示唆したこともあってか、6月1日に発表された速報では11位と好調な滑り出しを見せている。とはいっても、この「ラスト総選挙」を示唆したことについても、小嶋陽菜として最後という意味なのか、今後にゃんにゃん仮面として出馬することはないという意味なのか、解釈が分かれるところだが……。

ファンがにゃんにゃん仮面についてよく指摘しているのが、「狙いがわからない」ということだ。本気で上位ランクインを目指しているのか? それとも単なる出オチネタであって、順位は度外視なのか? 立候補の意図がつかめず、3月下旬の出馬表明から1カ月以上たった今も、ファンは首をひねったままだ。

ネット上では、「現時点ではまだ前振り状態  結果が出た後どうオチをつけるかに全てがかかってる」という意見も出ている。終わりよければすべてよし。「第6回選抜総選挙」開票イベントでの「卒業発表しようと思いましたが、しません!」スピーチなど笑いを起こすトークスキルで知られる小嶋だけに、なんとか最後にうまいオチをつけてくれることが期待されている。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月7日(火)17時5分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。