ここから本文です

覆面芸術家のバンクシー、小学校に「お礼」の壁画を残す

BuzzFeed Japan 6月7日(火)17時56分配信

覆面芸術家のバンクシーが、教室に自分の名前をつけてくれた小学校の児童たちへのお礼にと、校舎に壁画を描いた。
【BuzzFeed Japan】

イギリスにある、ブリッジファーム・スクールの児童たち。月曜日に学校に登校すると、燃えるタイヤをころがしている子供の壁画をみつけた。

絵は、謎の芸術家・バンクシーが描いたものだった。バンクシーの広報担当者は、壁画は本人が描いたものだと、BBCに話した。

バンクシーは子供たちに手紙も残していた。

「ブリッジファーム・スクールのみんなへ。

手紙をありがとう。そして、教室に私の名前に名付けてくれて、ありがとう。お礼に壁画を贈ります。また、絵が気に入らなかったら好きに描き足してほしい。先生も気にしないと思う。許可よりも許しを得ることのほうが、いつも結構簡単だって、覚えておいて。バンクシーより。」

バンクシーは、ブリッジファーム・スクールがあるブリストル出身。子供たちは学校の、新しい教室に「バンクシー」という名をつけ、そのことを知らせる手紙を本人に送っていた。

しかし、壁画を最初に見つけた用務員のジェーソンは、週末の間に誰かが落書きをしてしまって、綺麗に消さなければならないと思ったそうだ。

ジェーソン、消さなくてよかったね!!

最終更新:6月7日(火)17時56分

BuzzFeed Japan