ここから本文です

西岡良仁、今季初のグラスコート大会は初戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 6月7日(火)15時19分配信

リコー・オープン

男子テニスツアーのリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)は6日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク117位の西岡良仁(日本)が主催者推薦枠で同196位のS・コズロフ(アメリカ)に1-6, 6-2, 3-6のフルセットの末に敗れ、初戦敗退となった。

この試合、2度のブレークで第1セットを落とした西岡は、第2セットは挽回を見せセットカウント1-1とするも、ファイナルセットで3度のブレークを許し、2時間で敗れた。

西岡は前週の全仏オープンは、予選決勝でR・シュティエパネック(チェコ共和国)に敗れて2年連続の本戦出場とはならなかった。

一方、勝利したコズロフは2回戦で2回戦で第4シードのS・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。

今大会のシード勢は第1シードにD・フェレール(スペイン)、第2シードにB・トミック(オーストラリア)、第3シードにI・カルロビッチ(クロアチア)、第4シードにジョンソンとなっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。

また、今大会に日本勢からは世界ランク105位の伊藤竜馬(日本)が出場しており、1回戦で世界ランク70位のI・ドディグ(クロアチア)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6月7日(火)15時19分

tennis365.net