ここから本文です

地方では富山市が1号店 首都圏で人気のカフェが初出店/富山

チューリップテレビ 6月7日(火)20時51分配信

 拡大傾向にあるカフェ市場を狙って富山に進出です。

 すかいらーくのグループが経営するカフェ、「むさしの森珈琲」が富山市で7日プレオープンしました。首都圏以外では、富山市が第一号店となります。

 富山市経堂にプレオープンしたむさしの森珈琲は、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧にいれる珈琲と、パンケーキなど、こだわりのメニューが特徴です。木のぬくもりを感じる店内にはゆったり座れる特注のソファが102席あります。
 むさしの森珈琲を経営するのは、和、洋、中など様々なブランドで全国に3000店舗を展開するすかいらーくグループで、去年3月に横浜に一号店をオープンさせ、現在は首都圏に3店舗、地方では初出店です。
 お店の一番人気のメニューは、パンケーキ。
 注文を受けてからメレンゲを立てて20分かけてじっくりと焼き上げています。とろけるような食感がこだわりの一品です。

 近年、全国的に、郊外型のカフェが増えていて、「喫茶店」の市場規模も去年は1兆909億円と年々増加傾向にあります。
 
 営業時間は、午前7時から午後11時までで、モーニングの時間には、名古屋の喫茶店を参考に、ドリンクを注文すると、トーストとゆで卵が無料でついてきます。
 オープンは、9日です。

チューリップテレビ

最終更新:6月7日(火)20時51分

チューリップテレビ