ここから本文です

杉田は予選決勝で敗れる [シュツットガルト/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)14時17分配信

 ドイツ・シュツットガルトで開催されている「メルセデス・カップ」(ATP250/6月6~12日/賞金総額60万6525ユーロ/グラスコート)の男子シングルス1回戦。

「キャリアの中で今が一番いい状態」の杉田、6年ぶり2度目のV [島津京都チャレンジャー]

 サム・グロス(オーストラリア)が15本のサービスエースを放ち、イリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)に7-5 6-4で競り勝った。2月のメンフィス(ATP250/室内ハードコート)での対戦でマーチェンコはグロスを破っていたが、クレーコートからグラスコートに変わったこのシュツットガルトでは、グロスが優位に立った。

 また地元からワイルドカード(主催者推薦)で出場したミハエル・ベレー(ドイツ)がマレク・ジャジリ(チュニジア)を6-7 (7) 6-2 6-4の逆転で倒した。

 このウィンブルドン前哨戦には、ロジャー・フェデラー(スイス)がトップシードで出場。1回戦はBYE(免除)で2回戦からプレーする。フェデラーは全仏オープンを欠場することになった背中の故障からカムバックしたところで、今大会からプレーを再開する。

 この大会にはフェデラーのほか、全仏オープンでベスト4に進出し、ランキングを自己最高の7位まで上げたドミニク・ティーム(オーストリア)、13位のマリン・チリッチ(クロアチア)、18位のジル・シモン(フランス)らが出場している。

 なお予選に第3シードで出場していた日本の杉田祐一(三菱電機)は、1回戦でジョバンニ・ラペンティ(エクアドル)を6-3 6-1で破ったが、予選決勝でファブリス・マルタン(フランス)に6-4 6-7(4) 6-7(5)で敗れている。(C)AP(テニスマガジン)

最終更新:6月7日(火)14時17分

THE TENNIS DAILY