ここから本文です

プリスコバとコンタが2回戦へ [ノッティンガム/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)15時0分配信

 イギリス・ノッティンガムで開催されている「AEGONオープン・ノッティンガム」(WTAインターナショナル/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス1回戦。

プリスコバが単複で3勝を挙げたチェコがルーマニアを退けて準決勝進出 [フェド杯ワールドグループ]

 第1シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が唯一相手に与えたブレークポイントを凌ぎ、アナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-7(5) 6-0 6-2で破って2回戦に駒を進めた。

 プリスコバは先週ワイルドカード(主催者推薦)を得て、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)から第1シードを譲り受けた。アザレンカはすでに大会入りし、グラスコートの上で2日練習したが、全仏オープンで故障した膝の痛みのため、まだまともにプレーできないと判断して大会出場を取りやめていた。

 プリスコバの双子の姉クリスティーナはアンナ・タチシュビリ(アメリカ)に苦戦し、4-6 6-7(4)で敗れた。

 この日は第2シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第8シードのクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)が2回戦に進んでいる。

 なお、チャーラ・ブイヤカカイ(トルコ)と組んでダブルスに臨んだ日本の奈良くるみ(安藤証券)は、第4シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ヤン・ジャオシュアン(中国)に3-6 2-6で敗れた。奈良はシングルスにも出場しており、1回戦でラッキールーザーのタミラ・パシェック(オーストリア)と対戦する。

 この大会の予選には第7シードで桑田寛子(島津製作所)と、青山修子(近藤乳業)のふたりが出場していたが、桑田は1回戦でオルガ・サブチュク(ウクライナ)に6-7(7) 1-6で、青山は予選決勝でタラ・ムーア(イギリス)に2-6 2-6で敗れて、ともに本戦入りを逃している。

 青山はレナタ・ボラコバ(チェコ)とのペアでダブルスにエントリーしており、初戦の対戦相手はナオミ・ブローディ(イギリス)/アナスタシア・セバストワ(ラトビア)となっている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 06: Karolina Pliskova of Czech Republic walks off the court after winning her first round match during the WTA Aegon Open Nottingham - Day 1 at Nottinghan Tennis Centre on June 6, 2016 in Nottingham, England. (Photo by Tony Marshall/Getty Images)

最終更新:6月7日(火)15時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]