ここから本文です

仏ベルサイユ宮殿の庭、霧のアートで包まれる

AFPBB News 6月7日(火)12時5分配信

(c)AFPBB News

【6月7日 AFP】フランスの首都パリ(Paris)郊外のベルサイユ宮殿(Chateau de Versailles)の庭園に、滝や霧をモチーフにしたインスタレーションが登場したほか、室内には鏡を使った作品が展示された。

 この作品はデンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソン(Olafur Eliasson)氏によるもの。見る人に壮観な印象を与えるこの作品、ベルサイユ宮殿内の庭園に10月30日まで展示されている。6日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6月9日(木)11時48分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。