ここから本文です

ボルシアMG、シャカの代役はドイツ代表か 2部時代の指揮官も薦める

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)16時0分配信

古巣に戻る?

ボルシア・メンヘングラッドバッハはMFグラニト・シャカの代役を発見したかもしれない。

先日、アーセナルへ4500万ユーロで移籍したシャカ。チームのキャプテンを務めていた中心選手だけに穴を埋めるのは容易ではないはずだ。その後釜候補として元ボルシアMGで現在はレヴァークーゼンで活躍するドイツ代表MFクリストフ・クラマーがリストアップされていると独『Bild』が報じた。

クラマーは守備的なボランチで、走り回り相手の攻撃の芽を摘むことのできる選手だ。また、ボルシアMGにはすでにダフードとという攻撃的な役割を担うことのできる選手が横にいるため、クラマーは輝くと同紙は伝えている。同選手をブンデスリーガ2部のボーフム時代に指導したこともあるフリードヘルム・フンケル氏も「ボルシアはシャカを失い、強い選手が必要だ。クリストフはその候補として最もふさわしいだろう」と話している。

しかし、レヴァークーゼンとボルシアMGはUCL出場権を争う直接のライバルのため、移籍実現は少々難しいかもしれない。クラマーはボルシアMGに恩があるはずだが、どのような選択をすることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)16時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]