ここから本文です

コベルコ建機、北米油圧ショベル新工場 開所式開き本格稼働 生産能力年間1800台

日刊産業新聞 6月7日(火)12時32分配信

 コベルコ建機楢木一秀社長)は6日、米国子会社のコベルコ・コンストラクション・マシナリーUSA(KCMU、森田克彦社長)が現地2日、米・サウスカロライナ州スパータンバーグ郡に建設した油圧ショベル新工場の開所式を開催したと発表した。同所ではすでに2016年3月から操業を開始していたが、今回の開所式で本格稼働に入った。生産能力は年間1800台に上り、米国市場で主力となる20トンクラスの油圧ショベルを量産、20年までに順次台数、メニューを拡大していく。現行中期経営計画でグローバルショベルメーカーとしての存在感確立を掲げ、欧米を次なる成長エリアと位置づけ、「攻める市場」としてシェア拡大を図る。

最終更新:6月7日(火)12時32分

日刊産業新聞