ここから本文です

ドルトムント、チームの心臓と2021年まで契約延長へ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)16時30分配信

ビッグクラブから守る

ドルトムントはMFユリアン・ヴァイグルとの契約延長が近づいているようだ。

15-16シーズンは素晴らしい活躍を見せたヴァイグル。その活躍が認められ、EURO2016への参加も決まっており、さらなる飛躍が期待されている。そんな同選手をチームにとどめたいとドルトムントは考えているようだ。独『Bild』は報じた。

同紙によれば、ドルトムントは2021年までの契約延長オファーを提示しようとしている。クラブのミヒャエル・ツォルクSDもEURO終了後に話し合うことを明言しており、ドルトムントにとって同選手がどれだけ重要な存在であるかがうかがえる

すでにヴァイグルにバルセロナ、バイエルン、レアル・マドリードといったクラブが獲得を狙っているという噂もあるだけに、ドルトムントとしては早く契約をまとめたいところだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)