ここから本文です

予選突破の穂積は本戦勝利ならず [スヘルトーヘンボス/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)20時25分配信

「リコー・オープン」(WTAインターナショナル/オランダ・スヘルトーヘンボス/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス1回戦で、穂積絵莉(エモテント)はワイルドカード(主催者推薦枠)のリシェル・ホーヘンカンプ(オランダ)に2-6 2-6で敗れた。試合時間は51分。

尾崎里紗と穂積絵莉が予選突破 [リコー・オープン]

 22歳の穂積は、今大会には予選から出場。1回戦で第12シードのバーボラ・クリチコバ(チェコ)を6-3 7-6(2)で、予選決勝では第1シードのアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)を7-6(7) 7-6(4)で破り、シングルスでは今シーズン初のWTAツアー本戦入りを決めていた。ホーヘンカンプとは今回が初対戦だった。

 穂積は加藤未唯(佐川印刷)と組んで第3シードで出場したダブルスでは、マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)/エイジア・ムハメッド(アメリカ)に3-6 0-6で敗れ、初戦で姿を消していた。

 ホーヘンカンプは2回戦で、マディソン・ブレングル(アメリカ)と対戦する。ブレングルは1回戦で、第5シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-3 3-6 6-2で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月7日(火)21時51分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]