ここから本文です

太鼓集団の鼓童が全国ツアー ドラム監修に元ブルハ梶原徹也

MusicVoice 6月7日(火)20時23分配信

 太鼓芸能集団の鼓童が、6月から7月にかけて全国18都市をめぐる日本縦断ツアーをおこなう。ドラム監修に元ザ・ブルーハーツの梶原徹也を迎え、ドラムと和楽器の調和に挑戦する。

 鼓童は、2015年11月から12月にかけ芸術監督・坂東玉三郎氏の演出による「鼓童ワン・アース・ツアー2015~混沌」で全国11都市を巡った。創立35周年を迎える彼らだが、太鼓に留まらずドラムセットやタイヤにテープを巻いたタイヤドラムなど、新たな構成にも挑戦してきた。

 再び全国18都市をめぐる日本縦断ツアー「鼓童ワン・アース・ツアー2016~混沌」を開催する。

 和太鼓の響きの中に、きらびやかなドラムの音が通り過ぎる。緊張とリラックス、静けさと喧騒、そして混沌と融合。叩き奏でた音色が織りなす、心地よい時間西洋のドラムと和太鼓が生み出す「調和」を表現する。

最終更新:6月8日(水)12時10分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。