ここから本文です

【ブラジル】4月の牛肉輸出 増量減額

サンパウロ新聞 6月7日(火)4時29分配信

 ブラジル産牛肉(生鮮肉及び加工肉)の2016年4月の輸出量は前年同月比2%増の11万2000トン、輸出額は同5%減の4億3400万ドルだった。生鮮肉のみの輸出量は8万6000トン、額は3億3900万ドル。ブラジル肉輸出工業会(Abiec)まとめとして伯メディアが5月12日付で伝えた。

 最大の得意先である香港への輸出は量・額ともに拡大した。今年4月の香港への輸出量は前年同月比11%増の2万6000トン、額は同3%増の9100万ドルに上った。香港に次ぐ上客となった中国への輸出量は1万5000トン、額は6400万ドル。また、量・額ともに非常に大きな伸びを記録したエジプトへの輸出は1万4000トン(前年同月比85%増)、4400万ドル(同77%増)だった。

 16年1~4月累計の輸出量は47万9000トンと15年同時期を12%上回った。輸出額は前年同時期並みの18億ドル。

サンパウロ新聞

最終更新:6月7日(火)4時29分

サンパウロ新聞