ここから本文です

高校3年の野口が江原を破って初戦突破 [有明/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)22時46分配信

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園テニスコート/本戦6月6~12日/賞金総額1万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦5試合が行われた。

本戦がスタート、予選勝者の高橋悠介と伊藤雄哉がシードを破って2回戦へ [F7東京有明国際/男子]

 シングルスの日本勢は第8シードの片山翔(伊予銀行)、井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)、岸僚太(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)、長尾克己(上武大学)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の綿貫敬介(明治安田生命)、予選勝者の佐野紘一(伊予銀行)と野口莉央(湘南工科大学附属高校)が2回戦に進出。高校3年生の野口は2014年の全日本選手権優勝者で第4シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)を0-6 6-4 6-3で破っている。

 ダブルスでは第2シードの片山翔(伊予銀行)/小ノ澤新(イカイ)、第4シードの守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)/岡村一成(ストライプインターナショナル)、昨年の全日本選手権優勝ペアの綿貫陽介(フリー)/綿貫裕介(フリー)ら5組が初戦を勝ち上がった。

 6月8日(水)は10時00分から、シングルス2回戦4試合とダブルス1回戦3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

◯3岸僚太(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)7-6(1) 2-6 7-6(6) ●4鈴木昂(SARI)[Q]

◯6オー・チャンヨン(韓国)[Q] 6-3 6-0 ●5綿貫陽介(フリー)

◯7綿貫敬介(明治安田生命)[WC] 6-4 7-6(6) ●8仁木拓人(三菱電機)[6]

◯10野口莉央(湘南工科大学附属高校)[Q] 0-6 6-4 6-3 ●9江原弘泰(日清紡ホールディングス)[4]

◯13佐野紘一(伊予銀行)[Q] 2-6 7-5 6-4 ●14エバン・ソン(アメリカ)

◯16片山翔(伊予銀行)[8] 6-1 6-2 ●15奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)

◯22長尾克己(上武大学)6-4 6-4 ●21松村亮太朗(Let's play)[Q]

◯29井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)6-1 6-0 ●30白石光(有明ジュニアテニスアカデミー)[WC]

--------------------

【ダブルス1回戦】

◯4綿貫陽介/綿貫裕介(フリー/橋本総業ホールディングス)7-5 6-2 ●3オー・チャンヨン/オー・ソングク(韓国)

◯10佐野紘一/笹井正樹(伊予銀行/ホープテニスアカデミー)6-2 6-4 ●9中村錬/徳田廉大(フリー/フリー)

◯12守谷総一郎/岡村一成(MTSテニスアリーナ三鷹/ストライプインターナショナル)[4] 7-6(4) 6-7(4) [10-7] ●11菊池玄吾/竹島駿朗(Team REC)

◯13吉備雄也/仁木拓人(ノア・インドアステージ/三菱電機)6-4 6-2 ●14野口莉央/住澤大輔(湘南工科大学附属高校/Val)

◯16片山翔/小ノ澤新(伊予銀行/イカイ)[2] 6-7(2) 6-2 [10-8] ●15松村亮太朗/田沼諒太(Let's play/ワールド航空サービス)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月7日(火)22時46分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。