ここから本文です

藤原里華が第3シードの岡村恭香を倒して2回戦へ [有明/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月7日(火)23時14分配信

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園コート/本戦6月7~12日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦5試合とダブルス1回戦6試合が行われた。

20歳の岡村恭香が7度目の決勝でシングルス初優勝 [久留米市ベストアメニティカップ]

 シングルスの日本勢は、ワイルドカード(主催者推薦枠)の藤原里華(北日本物産)が第3シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)を6-4 6-2で下して2回戦に進出。第8シードの奥野彩加(Club MASA)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)と梶谷桜舞(島津製作所)は初戦で姿を消した。

 ダブルスでは第3シードのチャン・スジョン(韓国)/ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)と第4シードの鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)/田中優季(メディカルラボ)が勝ち上がったが、第2シードの大前綾希子(島津製作所)/瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)は予選勝者のリゼッテ・カブレラ(オーストラリア)/今西美晴(島津製作所)に3-6 6-3 [2-10]で敗れた。

 6月8日(水)は10時00分から、シングルス1回戦11試合とダブルス1回戦2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○17イ・ソラ(韓国)[6] 6-4 6-7(7) 6-2●18梶谷桜舞(島津製作所)[WC]

○20ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)6-1 6-3 ●19久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)[WC]

○23藤原里華(北日本物産)[WC] 6-4 6-2 ●24岡村恭香(ストライプインターナショナル)[3]

○26スー・チンウェン(台湾)6-3 6-3 ●25奥野彩加(Club MASA)[8]

○32ルー・ジンジン(中国)[2] 6-2 6-2 ●31ノッパワン・ラーチーワーカーン(タイ)

--------------------

【ダブルス1回戦】

○3藤原里華/牛島里咲(北日本物産/筑波大学)[Q] 6-0 6-3 ●4加治遥/ノッパワン・ラーチーワーカーン(園田学園女子大学/タイ)

○5鮎川真奈/田中優季(橋本総業ホールディングス/メディカルラボ)[4] 6-0 6-2 ●6馬場早莉/宮原未穂希(荏原湘南スポーツセンター/TEAM 自由が丘)[WC]

○8波形純理/吉冨愛子(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)6-3 5-7 [10-5] ●7ハン・ナレ/キム・ダビン(韓国)

○12チャン・スジョン/ニチャ・ラピタクシンチャイ(韓国/タイ)[3] 7-5 6-1 ●11梶谷桜舞/西郷幸奈(島津製作所/総武グリーンテニスクラブ)

○13井上明里/宮村美紀(レスポートサックジャパン/フリー)7-6(2) 6-2 ●14小関みちか/ピアンタン・プリプーチ(フリー/タイ)

○15リゼッテ・カブレラ/今西美晴(オーストラリア/島津製作所)[Q] 6-3 3-6 [10-2] ●16大前綾希子/瀬間詠里花(島津製作所/橋本総業ホールディングス)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月7日(火)23時14分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]