ここから本文です

不振にあえぐミラン、“ゴールド・プロジェクト”を始動 将来が有望な若手選手にチームの再建を託す!?

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)18時20分配信

将来が特に有望な若手選手の育成プロジェクト

2015-16シーズン、日本代表FW本田圭佑が所属するACミランはリーグ戦を7位で終え、コッパ・イタリア優勝も逃してしまった。この結果、このセリエAの名門クラブはヨーロッパの舞台で3年連続戦えないという屈辱を味わうことになってしまった。

そんな中、ミランがゴールド・プロジェクトなるものを始動すると同クラブの公式サイトで発表した。同サイトによると、このプロジェクトはユースやアカデミーの選手たちのパフォーマンスを向上させることを目的としている。具体的には、1997年から2002年までに生まれた選手の中で、将来が特に有望な16人をピックアップ。彼らの才能を伸ばすために育成のスペシャリストがトレーニングを計画し、一人でも多くの選手をトップチームへ送り出すことを目指しているようだ。

このプロジェクトがミランのトップチームへ、どのような影響を及ぼすかはまだわからないが、下部組織に所属する若手選手を叩き上げることで、もしかしたらチームを立て直すことができるかもしれない。フランコ・バレージやパオロ・マルディーニのような生え抜き選手が出てくることを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)18時20分

theWORLD(ザ・ワールド)