ここから本文です

5月の月間MVP・日ハムレアードが先制打 「積極的に打ちにいった」

Full-Count 6月7日(火)19時36分配信

右中間へ適時二塁打、「自信を持って打席に入れている」

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が7日の広島戦(旭川)で先制タイムリーを放った。

 2回1死一塁、フルカウントからの7球目。左腕・戸田の外角低めの143キロ直球を右中間へ弾き返した。スタートを切っていた一塁走者・田中賢が一気に本塁生還する適時二塁打となった。

 レアードは「少しボール気味だったけど、うまく逆方向へ打てたね。積極的に打ちにいった結果だね」とコメントした。

 この日、パ・リーグ5月の月間MVPに輝いた。「自信を持って打席に入れているし、野球を純粋に楽しめているからだと思います。あとは1日1日を新しい一日だと思っている。前日のことは引っ張らずに、向き合えていることがいい結果につながっている」と話していたが、自らを祝福する先制打となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月7日(火)19時36分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)