ここから本文です

163キロから中1日…日ハム大谷が適時打、自己最長の連続安打「16」に更新

Full-Count 6/7(火) 21:03配信

広島ジャクソンの151キロ直球を左前へ運ぶ

 日本ハム・大谷翔平投手が7日の広島戦(旭川)で「3番・DH」でスタメン出場。2点を追う8回2死二塁で、ジャクソンから左前適時打を放ち、4月27日の楽天戦(札幌ドーム)から続く自己最長の連続試合安打を「16」に伸ばした。

 5日の巨人戦(東京ドーム)で日本最速163キロを出してから中1日。待望の安打は8回2死二塁で飛び出した。2ストライクから、3番手・ジャクソンの高めの151キロ直球を逆らわずに左前へ。二塁走者・中島が生還するタイムリーとなった。

 初回1死一塁は三邪飛。同点の3回1死二、三塁、6回1死は外角へのボールになるスライダーに手を出して2打席連続空振り三振に倒れていた。広島バッテリーの厳しい内角攻めに苦しみながらも、自己記録を更新した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/7(火) 21:03

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]