ここから本文です

MSNの理想的なバックアッパーはレアルにいる!? バルサDF「チームに加えたい選手」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)19時40分配信

同じスペイン代表のアタッカーを高く評価

EURO2016に臨むスペイン代表メンバーで1つのサプライズとなったのが、レアル・マドリードMFルーカス・バスケスの選出だ。バスケスは今季レアルで好パフォーマンスを披露し、勢いそのままにスペイン代表に初招集されることになった。

そのクオリティはライバルのバルセロナ所属であり、代表ではチームメイトのDFジョルディ・アルバも認めている。スペイン『as』によると、アルバはバスケスが試合の流れを変えられる選手と評価し、自分のチームに加えたい選手とコメントした。

「ルーカスにはスピードがあり、彼はクラブで攻撃と守備両方の仕事をこなしてきた。彼はどのチームにとってもキープレイヤーさ。なぜなら、彼はゲームを変えられる。先発でも途中出場からでもね。チームに加えたい選手だよ」

バスケスはスペイン代表でもスーパーサブ的存在として起用されるはずで、試合の流れを変える存在として期待されている。また、代表とレアルがバスケスに求めている役割は、バルセロナのMSNのバックアッパーに求められているものと似た部分がある。バルサはMSNのバックアッパーを探し続けているが、意外にもライバルクラブに適役がいるのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。