ここから本文です

[日本代表]本田&香川がベンチ 宇佐美のドリブル突破からトップ下、清武が先制するも……

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)20時20分配信

1-1で後半へ

日本代表は7日、「キリンカップサッカー2016」の決勝でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦した。試合は大阪府の市立吹田サッカースタジアムで行われ、ACミランMF本田圭佑とドルトムントMF香川真司を負傷で欠くチームは、五輪世代の浅野拓磨を初めて先発で起用した。

最新のFIFAランキングで53位の日本代表と20位のボスニア・ヘルツェゴビナ代表による一戦。試合の均衡を破るゴールが生まれたのは28分、ガンバ大阪のホームで先発出場の機会を掴んだFW宇佐美貴史がドリブルを仕掛けボックス内に侵入すると、ゴール前にラストパスを供給。これを受けたMF清武弘嗣が左足で合わせてネットを揺らし、先制に成功する。代表戦初開催となった満員の吹田スタジアムがこのゴールに沸き立つ。

だがその直後、ボスニア・ヘルツェゴビナに同点弾を許してしまう。ボックス内に走り込んだMFアルミン・ホジッチが、後方からのロングフィードをダイレクトで合わせて強烈なヘディングシュートを放つ。一度はGK西川周作が弾き出すも、こぼれ球をFWミラン・ジュリッチが押し込んで試合を振り出しに戻した。前半は1-1のままスコアが動かず、そのまま後半へと突入する。

[メンバー]
GK:西川周作
DF:酒井高徳、森重真人、吉田麻也、長友佑都
MF:長谷部誠、柏木陽介
MF:清武弘嗣
FW:浅野拓磨、岡崎慎司、宇佐美貴史

[スコア](前半終了時)
日本代表 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

[得点者]
日本代表:清武弘嗣(28)
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表:ジュリッチ(29)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)20時24分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合