ここから本文です

ジダンの“お墨付き”を得たエイバル乾、来季もメンディリバル監督と共に飛躍を目指す

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)21時10分配信

シーズン後半戦は失速したが……

スペイン・リーガエスパニョーラのエイバルが6日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督と新たに2017年6月30日までとなる契約を締結したことを発表。彼のエイバルにおける冒険はまだまだ続くことになる。

メンディリバル監督は2015-16シーズンにエイバル指揮官へ就任すると、巧みな采配を見せ、決してビッグクラブとはいえないチームをリーガ14位に導いていた。これによりエイバルは2シーズン連続でスペイン1部残留を達成。新契約を締結したメンディリバル監督は、次のようにその喜びを表している。同クラブ公式サイトが伝えた。

「もう1年、エイバルというクラブを率いることができるのはとても幸せだ。来季も今季のような成功を収めたいと強く願っているよ。でも我々が掲げる目標を達成するにはそれぞれのハードワークが必要になる。我々はエイバルなんだ。1部の舞台で実力を発揮したいね」

昨夏にドイツのフランクフルトから同クラブへ加入した乾貴士は、レアル・マドリードと対戦した際に、ジネディーヌ・ジダン監督から「彼はキープレイヤーであり、エイバルにとって必要不可欠な選手」だと称賛されていた。今回のメンディリバル監督による新契約締結の知らせは、そんな乾にとっても心強い朗報となるだろう。パワフルな指揮官と共に、日本のテクニシャンが躍動できるよう期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月7日(火)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。