ここから本文です

レヴァンドフスキは重要じゃない ジダンのショッピングリストで抑えるべきは2つのポジション

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)21時50分配信

ジダンのショッピングリストに載っているのは……

今夏の市場ではレアル・マドリードがバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ獲得に動いているといった話題が挙がっているが、指揮官ジネディーヌ・ジダンは今夏どのポジションを補強したいと考えているのだろうか。

スペイン『as』によると、ジダンはレヴァンドフスキにそこまで興味を示していない。今でもジダンが信頼する9番はカリム・ベンゼマであり、レヴァンドフスキはそれほど重要なピースでもないだろう。それより重要視されているのは、左サイドバックと中盤だ。

現在のレアルは左サイドバックにマルセロしか適任者がいない状態で、同選手が負傷した場合は代役がいない。狙いはバイエルンDFダビド・アラバだったが、アラバはバイエルンにとって重要な選手だ。そう簡単には獲得できない。アラバに次ぐプランBはヴォルフスブルクDFリカルド・ロドリゲスが挙がっており、左サイドバックの確保は急務だ。

そして、守備的MFも補強が必要なポジションだ。レアルの中盤にはルカ・モドリッチ、トニ・クロース、イスコと優秀な選手が揃っているが、彼らは攻撃的な選手だ。今季ジダンを救ったのがアンカーを務めたカゼミーロで、現在はカゼミーロ1人に負担がかかっている状態だ。ユヴェントスMFポール・ポグバ、パリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェラッティら攻撃的な選手に加え、レスター・シティMFエンゴロ・カンテ、ボルシアMGのクリストフ・クラマーなど走れる選手もショッピングリストに載っている。

レヴァンドフスキ、ポグバのようなスター選手獲得も楽しみではあるが、重要視すべきは左サイドバックと守備的MFだ。果たしてクラブはジダンの希望する選手を獲得することができるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)21時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。