ここから本文です

セビージャ、清武の契約解除金満額支払いへ 4年契約でスペイン行きが近づく

theWORLD(ザ・ワールド) 6月7日(火)22時30分配信

スペインで成功なるか

スペインで成功なるか

日本代表MF清武弘嗣のヨーロッパリーグ王者行きが近づいている。

先日、セビージャが興味を示していると噂されたハノーファーの清武。同選手の契約解除金は650万ユーロとなっており、多くのクラブがその額の支払いを渋ってきた。セビージャも例外ではない。そのため、クラブのラモン・ロドリゲス・モンチSDはハノーファー側にその引き下げを要求してきた。そのたびにハノーファーのマルティン・バーダーSDがそうした要求を拒否しており、交渉に進展は訪れなかったが、ついに動きがあったようだ。

独『Bild』にバーダーSDが「スペイン側が動いた」と話したのである。そのコメントはセビージャが契約解除金満額を支払うことを決めたと伝えられており、清武の4年契約締結は近い可能性がある。多くの日本人選手にとって鬼門となっているスペインだが、清武は強豪セビージャで成功をつかみとれるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月7日(火)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]