ここから本文です

水都大阪アクアスロンに150人が参加

Lmaga.jp 6月7日(火)19時0分配信

大阪の都心を泳いで走る『2016水都大阪アクアスロン大阪城大会』が5日、大阪城公園一帯で開催。当日は雨天にも関わらず、タフなアスリートたち約150人が一同に速さを競った。

優勝した澤瀉大樹さんと武友麻衣さん

このイベントは、水都大阪の新名所「桜ノ宮ビーチ(大阪ふれあいの水辺)」から「毛馬桜之宮公園」に沿って泳ぐスイム1.1kmと、大阪城のラン10kmの合計タイムで順位づけされる。雨で気温が下がったこの日、最年少は18歳、最高齢は79歳の参加者たちがカテゴリー別に分かれて大川に飛び込んだ。

ゲスト・アスリートには、北京五輪日本代表で現役トライアスリートとして活躍する北京五輪日本代表の山本良介選手と2012年アジアカップ大阪大会優勝の下村幸平(ボーマレーシング・セノビック)選手が参加。無駄のない美しいフォームで泳ぐ山本選手の後を追いかけ、昨年に引き続き2年連続で優勝したのは澤瀉(おもだか)大樹さん。「日本選手権に出場し、山本さんと競いたい」というインタビューを受け、山本選手が真剣にアドバイスするシーンも見られた。

女子の部ではトライアスロンスクールを開催するスポーツサイクルショップ「ベックオン」勤務の武友麻衣さんが優勝。小柄ながらもパワフルな走りで周囲を驚かせた武友さんは「スイムが苦手だったがランで挽回できました。午前中で終わったのでこれから出勤します!」とタフなコメント。トライアスリートが一同に集まったこのイベント、参加者の次なる目標は、7月10日の『大阪トライアスロン舞洲大会』だそう。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:6月7日(火)19時0分

Lmaga.jp

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。