ここから本文です

NEWS加藤シゲアキ、『時かけ』先生役・EDテーマ・小説執筆でトリプルオファー!

クランクイン! 6月7日(火)5時0分配信

 NEWSの加藤シゲアキが、黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)らが出演する筒井康隆原作のドラマ『時をかける少女』に、出演することが決定した。また、同作のエンディングテーマをNEWSが担当することに加え、「タイムリープという設定を絡めたもの」というテーマのもとに短編小説を発表することも明らかになった。

【関連】『時をかける少女』黒島結菜フォトギャラリー


 原作発表から半世紀を経て、再びドラマ化される筒井康隆原作のドラマ『時をかける少女』。既に発表されている、黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)、竹内涼真、吉本実憂というキャスト陣に、NEWSの加藤シゲアキが加わることが決定した。さらにエンディングテーマをNEWSが担当することに加え、加藤の短編小説が発表されることも明らかとなった。
【関連】『時をかける少女』黒島結菜フォトギャラリー

 加藤が演じるのは、高校の数学教師・矢野和孝役。黒島演じる主人公の芳山未羽や菊池演じる深町翔平たちのクラス担任という設定で出演する。また、加藤が所属するグループNEWSが歌う本作のエンディングテーマは、NEWSのニューシングルとなる「恋を知らない君へ」。“ひと夏の究極にせつない恋” を歌ったラブ・バラードとなっている。

 さらに作家としての活動する加藤は、本作の出演に合わせてKADOKAWAのエンターテインメント小説誌『小説 野性時代』にて『時をかける少女』へのオマージュ作品として「タイムリープという設定を絡めたもの」というテーマのもと短編小説『おれさまのいうとおり』を執筆することが決定。加藤のSF作品は、自身の短編集『傘をもたない蟻たちは』に収録されている短編『イガヌの雨』に続き2作目となる。

 今回演じる矢野という人物を、加藤は「実は芯に熱い部分があって、内に秘めた複雑な思いが回を重ねるごとに見えてくる人物です」と分析。さらに「偉大な原作の持つ“青春の甘酸っぱさと切なさ”に、現代ならではの新しさを加えた、今年の夏にぴったりの作品です。原作を知っている方も知らない方も楽しんでいただける、そんなドラマになると思います。是非、ご期待ください」とドラマをアピールしている。
 
 『時をかける少女』は、日本テレビ系列にて7月より土曜21時より放送。

最終更新:6月7日(火)5時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。