ここから本文です

西武浮上のキーマン…“交流戦男”の中村剛也

ベースボールキング 6月7日(火)7時30分配信

 今年もDeNA戦で打率.636と打ちまくった中村

 今季もセ・パ交流戦が開幕した。どのチームの首脳陣も、それぞれのリーグで抜け出すために、交流戦を有利に進めたい思惑を持っているだろう。そのためには、頼れる打者、投手が必要だ。
 
 まさに、“交流戦男”の称号を与えるに相応しい打者がいる。おかわり君こと、中村剛也である。過去11年間の交流戦通算ホームラン数は67本。2位の村田修一、阿部慎之助の51本を大きく引き離してダントツのトップである。中村は、2012年の交流戦22試合で12本。昨季も18試合で8本と本塁打を量産しているのだ。

 中村自身、開幕直後の3、4月はあまりホームランが出ず、夏に向けて調子を上げていくタイプ。今季も3、4月で本塁打はたったの2本だ。だが、5月には9本と量産体制に入ってきている。

 ここ4年間(中村は2013年ケガのため交流戦を欠場。実質3年分)のチーム別の成績を見てみると、DeNA戦は10本塁打とお得意さま。実際に今年の5月31日からの横浜3連戦では、本塁打こそ出なかったものの11打数7安打.636と打ちまくり、後ろを打つ5番・浅村栄斗のグランドスラムを演出した。チームも投手陣が踏ん張り、好調DeNA相手に2勝1敗と勝ち越しを決めた。

DH制のない6連戦がポイントに?

 過去6度本塁打王を獲得した中村だが、ここ数年、意識が変わったのか「本塁打より打点」という発言をすることが多くなった。そうなると、次に狙われるチームはヤクルトになるのかもしれない。ヤクルトは4年間の対戦成績で11試合16打点とDeNAについで荒稼ぎをされている。そのうえ、ヤクルトのチーム防御率は現時点でも5.09とセリーグワーストだ。

 気がかりなのは、中村が今季5月中旬から下半身に張りを訴え、DHでの出場を続けていることだろう。5月30日の対オリックス戦で逆転3ランを放った試合でも、打撃で貢献したいというコメントを残している。さらに6月3日、甲子園での阪神戦、チームは勝ったもののDHのないセ・リーグ本拠地の試合で中村は試合に出場せず完全休養を取った。続く4日は、7回表無死一塁、二塁のチャンスに代打で登場したが、メッセンジャーの前に空振り三振に倒れ、守備につくことなく交代した。それでも、5日の阪神戦では延長12回に代打で登場すると、その裏、5月13日の日本ハム戦以来となる三塁の守備に就いた。

 スケジュール的には、6月14日からの広島とヤクルトを相手にする6連戦にはDH制がない。それまでにどうにか、中村が守れるほどに復活していれば西武には好材料になるだろう。

 現在は投打が噛み合わずBクラスに沈む西武だが、4番が打てばチームは当然活気づく。西武の浮上のキッカケは“交流戦男”おかわり君のバットに懸かっている。

※数字は2016年6月5日終了時点

文=松本祐貴(まつもと・ゆうき)

BASEBALL KING

最終更新:6月7日(火)7時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]