ここから本文です

祝・月間MVP受賞!DeNA・石田健大を飛躍へ導いた“変化”

ベースボールキング 6月7日(火)13時10分配信

飛躍の2年目左腕!DeNA・石田健大

 6月7日、セ・パ両リーグから発表された5月の月間MVP。セ・リーグ投手部門で選出されたのは、DeNAの2年目左腕・石田健大だった。

 今季は開幕ローテーション入りを果たすと、4月こそ1勝に終わったものの、5月に入って4連勝。27イニングを投げて失点はわずかに1という見事な成績で、文句なしの受賞となった。

 2勝に終わった昨季から大きく飛躍できたのはなぜか…。春季キャンプで話を聞いた時、石田は自身のルーキーイヤーをこう振り返っている。

 「左腕が少ないということは聞いていましたし、1年目から即戦力としてローテーションに入って、何勝もして……そんなイメージを持っていました」

 しかし、大学時代に痛めていた肩のこともあり、プロ生活は二軍からスタート。徐々にコンディションを上げていき、一軍の試合で登板するチャンスが訪れたのは7月に入ってからだった。

 先発4試合目の中日戦で初勝利を掴むと、8月のうちに2勝をマーク。待望の先発左腕の台頭に周囲も期待を寄せたが、結局そこから勝ち星を伸ばすことができないまま1年目のシーズンを終える。

悔しかったルーキーイヤーに掴んだ収穫

 「一番悔しかった試合は?」と尋ねると、石田はこう答えた。

 「8月に2勝してからの試合、全部ですね。『ああ、もう一歩だったな』って、そういう試合ばかりが続いていたので……。最後の方は悔しいというより、『何でなんだろう』『何をどうしたら勝てるんだろう』と考えながらやっていました」

 先発のマウンドを踏むこと11度。悔しい思いを味わった一方で、そこに立ち続けたからこそ得られた収穫もあったという。

 「そんなに球威のない僕の真っ直ぐでも、一軍のバッターが差し込まれることが何度かあったんです。タイミングをずらせるというか。そこは大きな収穫でしたね。消さずにやっていこう、もっとレベルアップしていこうと思いました」

「剛」から「柔」への転機

 プロの打者にも通用する手応えがあったという石田のストレートは、法政大時代のある経験から生まれたものだ。

 「3年生の時、ジャパン(大学日本代表)に選ばれて、大瀬良(大地)さんや九里(亜蓮)さんと一緒になったんです。その時に『もうちょっとテイクバックを小さくした方がいいよ』とアドバイスをいただいて。試してみると、球速は出なくなったのにバッターが差し込まれている感覚があった。それを見て、この投げ方にして間違いじゃないんだなって」


 それまでの石田は、球威で押すタイプのピッチャーだった。

 大学2年時には150kmを出し、「今より全然いい」と自ら称賛するほどの真っ直ぐをミットめがけて投げ込んでいた。だが、「テイクバックを小さく」というシンプルな助言が、石田のピッチングスタイルを「剛」から「柔」へと変えることになる。

 いまやストレートの球速自体は140キロ台前半。特筆するほどの速さではないが、制球が安定し、空振りを奪うシーンもたびたび見られる。ソフトバンクの和田毅などが有名だが、腕の出所が見にくいテイクバックの小さなフォームによって、打者のタイミングを狂わせているのだ。

1/2ページ

最終更新:6月7日(火)13時13分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。