ここから本文です

中日・小笠原、またもプロ初勝利お預け…田島は連続無失点記録が31試合でストップ

ベースボールキング 6月7日(火)21時45分配信

オリックス - 中日
<1回戦・京セラD大阪>

 中日のドラフト1位ルーキー小笠原慎之介が、5回2失点と好投するもプロ初勝利をお預けとなった。

 プロ初登板となった前回の5月31日のソフトバンク戦では5回を1失点に抑えたものの、7四球と制球に課題を残した。この日は、初回先頭の小島脩平に1球もストライクが入らず、いきなり四球を与える。続く西野真弘の初球に盗塁を決められ、得点圏に走者を背負うも、西野を投飛、糸井嘉男を一ゴロ、T-岡田をチェンジアップで空振り三振に仕留めた。

 小笠原を援護したい打線は2回に福田永将の犠飛で先制すると、3回は大島洋平、ビシエドのタイムリーで2点を追加した。3点のリードをもらった小笠原だったが3回裏、小島に10球粘られた末にライト前に運ばれると、西野の打席で小島に盗塁を決められる。西野を二ゴロに打ち取ったが、糸井にレフト前に運ばれ、三塁走者の生還を許した。

 4回も先頭のブランコに二塁打を浴びると、続く安達了一にライト前タイムリーで失点。さらに、若月健矢に送られ二塁へ進められたが、小島を遊ゴロ、西野を右飛に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 勝利投手の権利がかかった5回は、クリーンナップからの攻撃だったが、糸井を遊ゴロ、T-岡田を二ゴロ、中島宏之を中飛で、この日初めて三者凡退に打ち取った。小笠原は5回、105球、5安打、1奪三振、3四死球、2失点でマウンドを後にした。

 後を受けた祖父江大輔、小川龍也、山井大介が無失点に抑え、開幕から31試合連続無失点中の守護神・田島慎二にバトンを繋いだ。しかし、先頭のボグセビックが放った打球を一塁・ビシエドが処理するも、一塁のベースカバーに入った田島に悪送球。無死二塁のピンチを招くと、小島に死球。続く西野にライト前に落ちるタイムリーで同点に追いつかれた。後続を抑えたが、小笠原のプロ初勝利がお預けとなり、田島の連続無失点記録も31でストップした。

BASEBALL KING

最終更新:6月7日(火)22時11分

ベースボールキング