ここから本文です

ミネソタ州、プリンスの誕生日6月7日を「プリンスの日」とすることを公式決定

RO69(アールオーロック) 6月7日(火)12時11分配信

4月21日に急死したプリンスの故郷ミネソタ州において、プリンスの誕生日である6月7日が「プリンスの日」として正式に制定されることになった。

ミネソタ州ミネアポリスで1958年6月7日に生まれたプリンスは、今年58歳の誕生日を迎えるはずだった。プリンスの死を受けてミネソタ州知事のマーク・デイトンは、プリンスの生誕日である6月7日を州の「プリンスの日」として制定することを宣言した。今回公布された宣言文によると、州住民たちはプリンスの日に「プリンスの遺した永久的な遺産を誇りに思い、プリンスの日に紫の服を着ることで元気づけられるだろう」としている。

また、デイトン知事の宣言文には次のようにも記されている。

「プリンスは音楽産業におけるイノベイターであり、指導者であり、博愛主義者でもあった。彼は革命的な音楽とアイコニックなアイデンティティーを想像した人物だった」

「彼は〝ミネアポリス・サウンド〟の生みの親であり、世界的な音楽スタイルへの貢献だけではなく、ミネアポリスの名声と経済的成長にも貢献したのだ」

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月7日(火)12時11分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。