ここから本文です

オフィス家具の提案強化 山岸製作所

北國新聞社 6月7日(火)3時2分配信

 山岸製作所(金沢市)は、北陸新幹線開業を機会にした金沢市内の旺盛なオフィス需要を受け、オフィス家具の提案を強化する。同市小金町の「リンテルノ・バイ・ヤマギシ」で、オフィス家具メーカーの岡村製作所(横浜市)の注目製品=写真=を常設で紹介するほか、働き方セミナーを随時開催し、需要を掘り起こす。

 山岸製作所では、オフィス家具部門の売り上げは、ソファなどの家庭向け家具に匹敵する。新幹線開業を機にオフィスを開設する企業からの家具の引き合いが今年3、4月ごろから増えており、オフィス家具部門の売り上げも前年同月比2割増えている。

 ボタン一つの操作で机の高さを自由に変えられる上下昇降デスクは、立ったり座ったりしながら打ち合わせができるため、作業効率が上がると、首都圏で採用が進んでいる。山岸製作所では、こうした最新の傾向を反映させた商品の提案を行い、職場環境の改善にまつわるセミナーも随時開催する。

 山岸晋作社長は「金沢市内では当分オフィス需要はありそうだ。注目の家具を常設で紹介し、東京一辺倒ではなく、地方からも需要を作りたい」と話した。8日まで、オフィス家具に特化したフェアを開催する。

北國新聞社

最終更新:6月7日(火)3時2分

北國新聞社