ここから本文です

重伝建の雰囲気にぴったり 加賀東谷地区会館に新看板

北國新聞社 6月7日(火)3時7分配信

 加賀市東谷地区まちづくり推進協議会は、東谷地区会館に会館名を墨書した看板1枚を設置した。

 看板は縦25センチ、横1・2メートルの大きさで、旧山中町の町木だったケヤキを用いた。同地区会館は2011年にJA加賀の旧東谷支店を借りて開設されたが、これまで看板はなかった。

 阿慈知(あじち)幸雄会長(64)=山中温泉四十九院町=は「地区内にある重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)『加賀東谷』の雰囲気に合うようにした」と話した。

北國新聞社

最終更新:6月7日(火)3時7分

北國新聞社