ここから本文です

ドルトムントがライバルから補強…バイエルンのローデを4年契約で獲得

SOCCER KING 6月7日(火)9時44分配信

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは6日、バイエルンのドイツ人MFセバスティアン・ローデを4年契約で獲得したと発表した。移籍金は両クラブの合意により、非公表となっている。

 ローデは1990年生まれの25歳。2008年にキッカーズ・オッフェンバッハでプロデビューを果たし、2010年にフランクフルトへ移籍した。2014年4月にバイエルン移籍が発表され、2014-15シーズンから同クラブでプレーしていた。今シーズンはブンデスリーガで15試合出場1ゴールを記録した。

 ローデの加入にあたり、ドルトムントのスポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は「彼はダイナミックで闘争心のある選手。彼を獲得することができて嬉しいよ」とコメントしている。

 そしてローデは「僕は子どもの頃からドルトムントのファンだったから、好きなクラブに移籍することを本当に楽しみにしていたんだ。この新しいチャレンジが楽しみだ。黄色と黒に染まったジグナル・イドゥナ・パルクでの最初の試合を待ち切れないね」と、新天地でのプレーに期待感を示した。

SOCCER KING

最終更新:6月7日(火)9時54分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。