ここから本文です

「ユーロに集中を」…イングランド指揮官、移籍報道のヴァーディを心配

SOCCER KING 6月7日(火)12時26分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがアーセナル移籍に迫っていると複数メディアに報じられる中、イングランド代表のロイ・ホジソン監督が「ユーロに集中してほしい」と、同選手に向けたコメントを残した。イギリス紙『デイリーメール』が6日に報じている。

 ユーロ2016に臨むイングランド代表は6日、開催国のフランスへ向けて出発し、現地に到着した。報道によると、ホジソン監督はヴァーディの移籍問題がフランスへの出発前に決着することを望んでいたようだが、実際には同選手の去就に関する発表はなされていない。

 同監督は「このチームの選手たちが理解し、受け入れているのは、イングランド代表の活動期間中は(このチームに)集中するということだ」と強調。ヴァーディが移籍騒動の渦中にある現状を憂い、「移籍や将来についての話を遮断するつもりはないが、我々は心配している。イングランド代表はイングランド代表であり、クラブはクラブなんだ」と、代表チームとクラブチームは別物であり「代表チームにいる間は、ここ(ユーロ2016)に集中してほしい」と思いを語った。

 ヴァーディに関しては、5日付のイギリスメディア『BBC』が、アーセナル移籍がクラブ間合意に達していると報道。同クラブが契約解除金2000万ポンド(約30億7000万円)を支払い、ヴァーディには現在の週給8万ポンド(約1230万円)を上回る額での契約を準備していると伝えていた。ただ、去就問題は6日中に決着すると報じられていたものの、未だに正式発表は行われていない。

SOCCER KING

最終更新:6月7日(火)12時53分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]